慢性上咽頭炎・後鼻漏

【慢性上咽頭炎闘病記録】私を襲った突然の不調

kekoです。

私はこの3年間、慢性上咽頭炎による後鼻漏に悩まされてきました。

ひどいときはメンタルまでおかしくなってしまい

抗不安薬を毎日服用するほどになってしまいました。

 

【後鼻漏・慢性上咽頭炎】うつ・パニック障害になった私の経験談kekoです。 私は慢性上咽頭炎が原因でメンタルが崩壊してしまった経験があります。 咳が止まらず精神的に参っていたところに、...

 

でも、試行錯誤して

現在は症状はほとんど気にせず普通に生活ができるようになりました。

慢性上咽頭炎って本当に辛いですよね。

なった人しかわからない辛さがありますよね。

「でも、その辛さはずっとは続かないよ。

絶対よくなるよ!!」

 

私と同じように悩んでいる方が

少しでも体と気持ちが楽になれますように・・

私の経験をお話しします。

慢性上咽頭炎・こんな症状に苦しんでいました【闘病記録】kekoです。 私はこの3年間、慢性上咽頭炎による後鼻漏に悩まされてきました。 ひどいときはメンタルまでおかしくなってしまい...


不調のきっかけ。咳が治らない。

最初はただの風邪でした。

ただ朝起きたらものすごく喉が痛かったことを覚えています。

そのあと、咳だけがずっと続きました。

後鼻漏の咳が止まらない時に私がしたこと・慢性上咽頭炎闘病記録kekoです。 後鼻漏で咳が止まらないのってすっごく辛いですよね。 何の前触れもなくいきなり咳き込むのでビクビクの毎日、、、...

 

私はもともと喉が弱くて

冬から春先になると

咳を伴う風邪をよくひいていました。

 

この時も

「風邪ひいちゃったけど、

病院で薬もらってくれば大丈夫。。」

と軽く考えていました。

 

 

近くの内科を受診。

咳止めを処方してもらいました。

いつもならこれで治るので

安心していました。

 

何をしても咳が治らないのでドクターショッピングの日々

病院から処方された薬を飲んで1週間。

咳は治らず・・

もう一度、同じ内科を受診したのですが

咳止めの種類を増やしただけの処方。

症状はその後むしろ悪くなっていました。

 

自分の感覚で

この咳は咳止め薬では治らないだろうな~って

感じてました。

 

 

私の咳は

痰が絡む→喉が痒い→咳が出る

とにかく喉の痒みがものすごく辛かったです。

 

当時はしゃべると痒くて咳が出るので

ずっと筆談で話していました。

 

 

あとは、、

刺激物を食べると喉がヒリヒリして痛みました。

カレーやお味噌汁、お煎餅など

食べられないものが多かったです。

 

 

そこからいくつか

耳鼻科や呼吸器内科など

病院を転々とする日々が3ヶ月続きます。

 

 

ようやく咳を止めてくれたのは

アレルギー内科の先生でした。

この時初めて抗生物質を処方してくれたのが効いたんだと思います。

「こんなに咳が止まらないのに

何で他の先生は今まで抗生物質もださなかったんだろう?

きっとマイコプラズマにでも感染してたんだよ。」

その先生の診断は

アレルギー咳嗽だろう。とのことでした。

 

  1. マイコプラズマなどの菌に感染
  2. 咳のし過ぎで粘膜が傷む(アレルギー発症)
  3. その後の後鼻漏につながる

こんな流れなんだと思います。

 

咳が治まったら今度は後鼻漏に

アレルギー内科の先生のところで咳は随分治まったのだけど

専門の大きい病院で診てもらおうと

都内の大学病院の呼吸器内科にしばらく通いました。

 

 

そこでの診断もアレルギー咳嗽。

アレルギーの薬(ジルテック)と

喘息の吸入薬(フルティーコート)を処方されました。

ジルテックはかゆみを抑えてくれる作用があって

私にはよく効きました。

でも、フルティーコートは・・どうなんでしょう。

この吸入薬、

私には強力で、

吸った後は喉がイガイガするんですよね。

このせいでさらに私の喉を傷めて後鼻漏になったのでは?と

いまだに思っています。

(先生は違うと言っているけど・・)

 

 

おかげでだんだん咳はよくなったのだけど

今度は今までに感じたことがないくらいの

喉の不快感が出てきました。

喉の粘膜が張り付いているような気持ち悪さ。

喉の一点が砂漠のように乾いているような感覚。

 

唾を飲みこんでも

水を飲んでも

その張り付きが消えることがなくて

気が滅入りました。

 

「この症状はなに?なんで治らないの?」

通っていた呼吸器内科の先生に聞いても

全く分からず・・

 

ネットで調べまくって

「もしかしてヒステリー球?」

 

ヒステリー球というのは

精神的な要因からくる喉の違和感で

その症状がちょっと自分に当てはまっていたんです。

 

とにかく早くよくなりたい一心で

ヒステリー球を治療している

鍼灸院まで電車で1時間半もかけて通うことまでしました。

でも、、、私には効果が得られませんでした。。

 

そんなとき、

夜、仰向けで寝ていたら

鼻の奥で痰が喉におちてくる感覚がしました。

「これって後鼻漏?

この喉の違和感は

後鼻漏によるものだったんだ!!」って

その時ようやく気づきました。

 

【後鼻漏が楽になった方法】セルフBスポット・鼻うがい・マヌカハニーkekoです。 私はこの3年間、慢性上咽頭炎による後鼻漏に悩まされてきました。 ひどいときはメンタルまでおかしくなってしまい...

喉の不調の原因は慢性上咽頭炎とようやくわかる

ネットで調べてみると

私は慢性上咽頭炎による後鼻漏ではないか?

そしてその治療には耳鼻科でのBスポット療法が有効である、と知ることができました。

 

Bスポット治療というのは

塩化亜鉛という消炎剤を

喉に塗る治療なんですが

炎症がある場合は出血して

激しい痛みを伴います。

 

今度はBスポット治療をしてくれる耳鼻科探しです。

Bスポット治療をやっている病院は少なくて

探すのが大変でした。

 

またまたここでいくつかドクターショッピングになるんですが

それについては長くなるので

また今度書かせてください。

 

 

たどり着いた耳鼻科で

ようやく慢性上咽頭炎であると診断されて

治療のスタートになりました。

私がBスポット治療に通ったことのある病院を紹介します【慢性上咽頭炎闘病記録】kekoです。 慢性上咽頭炎はBスポット治療が効く!!というけれど 実際はBスポット治療を行っている耳鼻科って少ないんですよ...

Bスポット療法で後鼻漏がよくなった

辛い後鼻漏を治すために耳鼻科通いが始まりました。

Bスポット治療は

日を置かないで

続けて通ったほうが効果があるといわれているので

週に3、4回くらい

続けて通っていました。

 

 

慢性上咽頭炎の場合は

Bスポット治療を行うと

炎症している患部が出血します。

 

 

最初の治療では

ものすごい出血と痛みで悶絶していました。

でも痛いなんていってられません。

というか、痛い方がむしろ効果を実感できてうれしかったです。

 

おかげで後鼻漏の症状は

最悪の状態からは抜け出すことができました。

でも、元の状態にはなかなか戻らず

ここからが長かったです。

 

 

喉って神経がたくさんあるところだから

かなり敏感なんですよね。

だからちょっとの違和感でも

ものすごく苦痛に感じるんだろうなー。

 

だから違和感が完全になくなるまでは

時間がかかるんだと思います。

 

 

 

ただBスポット治療が効果があるっていうのは

実感できました。

あとは、自分なりの工夫なんだろうな・・って思います。

 

耳鼻科通いは私は2年していましたが

今は通っていません。

自分でBスポット治療をしています。

もっと早く自分で行っていたらよかったのに・・って

思います。

長くなったので

また続きますね。

【後鼻漏を自分で治す】Bスポット治療って痛いの?怖いの?私の経験談kekoです。 Bスポット治療は怖くてできない。。。という話を相談を受けることがありますが 「怖いと感じるのは最初だけ。慣れ...