受験

中学の定期テストで450点がとれる勉強法を紹介!ポイントは2つだけ

公立中学で5教科450点が取れる勉強法を息子の経験をもとに紹介します。

定期テストで450点って難しいって思っている子でもコツを掴めば大丈夫です!

息子の場合も、中学一年生の時からこの方法で全て450点以上はとれています。

実際は470点〜490点はとれていました。

 

公立中学で5教科、500点満点の定期テストで

基本的な問題が中心で超難問をそんなに出さない学校の場合、

450点を取るのはやり方を覚えればそんなに難しくないです。

 

定期テストは範囲が少ないのでいけます。

模試の点数を上げるよりも簡単です。

ポイントは次の2つだけ。

余裕を持った計画

ワークを最低3周

本文で詳しく説明しますね。

 

公立高校の入学時にかかる費用はどのくらい?私立高校と比較してみました高校入学時に実際どのくらい費用がかかったのか?我が家の場合を紹介します。 息子はこの春、公立高校に進学が決まったのですが、実際、手...

 

定期テストで450点とる方法①余裕を持った計画

まずは時間に余裕を持った計画をしっかり立てることが大事。

定期テストの勉強は3週間前から計画を立てるとちょうどいいです。

 

でも、実際は計画を立てても予定通りにいかないことがほとんどなんですよね。

keko
keko
計画通りにいく子なんてほとんどいないのでは??

計画通りに行かなくても心配しなくても大丈夫です。

進捗状況に合わせて、その都度、計画を修正していけばOK。

計画通りにいかないことを想定して、予備日を設けるのもいいかもしれません。

私立附属校と公立高校、どっちに行きたいか?千葉県の高校受験ブログ私立附属高校と公立高校、どっちに行きたいか? 2022年に受験して、公立高校に進学する息子の経験をもとに勝手に語ります。 h...

定期テストで450点とる方法②ワークを最低3周

定期テストで450点とるためにはワークを最低3周する。

どの科目もやり方は同じです。

学校の定期テストで一番重要なのは何よりもワークです。

ワークから問題が出るパターンが多い。

ワークを確実に解けるようにすることで点数は間違いなく上がります。

そのためにはワークをただやるだけはなくて、

教科書を確認しながらワークを最低3周する!!

手順は単純です。

・まずは1周したら間違えたところをチェック

・2周目以降はチェックした間違えたところだけを解く。

・チェックしたところを一発で正しく答えられるまで繰り返し解く。

・最後にトータルで解き直す。

かなりアバウトな説明ですが、

基本、学校の定期テストは教科書とワークを完璧にするだけで450点はいける。

keko
keko
余計な参考書や問題集は必要ないです。

限られた時間内に完璧に仕上げるためには、短時間で効率的に覚える必要があって

そのために間違えたところをその都度チェック、チェックがなくなるまで繰り返し解くことが必要です。

なかなか根気がいる作業かもしませんが

本人のやる気があれば大丈夫!!

千葉県の高校受験ブログ・志望校について2022年度受験生の経験を語ります千葉県の高校受験について、2022年に受験した息子の経験をもとに語ります。 これから千葉県の高校受験を控えている方の参考になればう...

定期テストで450点とるために親ができること

定期テストで450点とるために大切なのは、勉強法よりも実は本人の「絶対に点数をとってやる!!」という強い意志力だと経験上感じます。

 

やる気を出すために親ができることは、子どもに自信をつけてあげること。

口出ししないで見守るというやり方もあるけれど、ある程度親の声かけも必要だと感じます。

中学1、2年生のうちは大変かもしれないけれど、親が伴走してあげてもいいと思います。

 

コツを掴んで、一回いい点数を取れれば、あとは勝手に勉強するようになります。

keko
keko
点数がとれるのが楽しくなりますから。

 

また、450点くらいなら塾なしの自宅学習でも行ける子も多いと思いますよ。

 

500点近くの高得点を取るためには

定期テストで450点とるためには前述したように、以下の2点でいけるのですが

余裕を持った計画

ワークを最低3周

定期テストで450点がとれるようになると、もっと上の点数をとりたくなってきます。

息子の中学校の場合、1学年300人ちょっとなのですが、順位は450点だと学年で20番前後の場合が多いです。

学年で10番以内に入りたいのなら470点以上は欲しいところです。

 

500点近くの点数を目指すなら、その子のタイプにもよるので一概には言えませんが

よっぽど地頭がいい子でない場合は、塾に行った方が効率がいいと経験上思います。

なぜなら塾には次のようなメリットがあるからです。

・塾は進みが早いので、時間にも気持ちにも余裕を持って試験に臨むことができる

・塾は教科書以上の難しい問題を扱ってくれることが多いのでワークには出てこない難しい問題で差をつけることができる

・わからない問題をすぐに塾の先生に聞くことができる。しかも分かりやすい。

 

あとは、、ワーク以外の問題集も500点近くとるためには効果的です。

息子は塾の勧めもあってこちらを使っていました。

出版社別に教科書の範囲の問題がたくさん載っているので定期テストにかなり使えます。

特に国語はこの問題集のおかげでかなりの高得点が取れていました。

↓ ↓ ↓

 

まとめ

以上、公立の中学校の定期テストで450点とるための勉強法について紹介しました。

450点を取るのはやり方を覚えれば難しくありません。

ポイントは次の2つだけ。

・余裕を持った計画

・ワークを最低3周する

あとは本人のやる気。

そして、本人のやる気を出して450点とるために親ができることは、

・子どもに自信をつけさせること

・そのためには最初のうちは親が声かけをしたり、一緒に伴走してあげたりすることも効果的であること。

 

さらには、450点では満足しなくなって、500点近い点数をとりたい時は

・塾に行く方が効率がいいこと

・ワーク以外の教科書に準じた問題集も高得点につながる

定期テストで450点とりたい方のお役に立てたならうれしいです♪

私立附属校と公立高校、どっちに行きたいか?千葉県の高校受験ブログ私立附属高校と公立高校、どっちに行きたいか? 2022年に受験して、公立高校に進学する息子の経験をもとに勝手に語ります。 h...