慢性上咽頭炎・後鼻漏

セルフBスポットのやり方・口から編①【慢性上咽頭炎闘病記録】

kekoです。

 

辛い慢性上咽頭炎による後鼻漏治療を治すために

耳鼻科にBスポット治療に通って2年。。

おかげで随分よくなったけど

どうもすっきりしませんでした。

 

 

マイペースで治療に通っていれば

いつか治るかな~なんてのんきなことを考えていたんですが

まだ塩化亜鉛が届いていない場所があるのでは??

もう自分でやるしかない!!と思うようになりました。

 

 

ずっと通っていた耳鼻科を思い切ってやめて

自分で治そう!!と決心。

私がBスポット治療に通ったことのある病院を紹介します【慢性上咽頭炎闘病記録】kekoです。 慢性上咽頭炎はBスポット治療が効く!!というけれど 実際はBスポット治療を行っている耳鼻科って少ないんですよ...

 

鼻からのセルフBスポットは今までもやっていたけど

どうしても口から器具を入れるときの嘔吐反応が怖くて

口からのセルフはできないでいました。

keko
keko
でも、もうそんなこと言ってられません!!

 

 

あくまでも自己責任で口からも塗ってみることにしました。

(医師は推奨していないので、自己責任です)

 

結果、劇的によくなりましたよ。

もっと早くからやっておけばよかったです。

 

ここでは口からのセルフBスポット治療のやり方についてお話しますね。

 

セルフBスポットのやり方・鼻から編【慢性上咽頭炎闘病記録】kekoです。 辛い慢性上咽頭炎による後鼻漏を治すために 耳鼻科でのBスポット治療に通っていましたが すぐに治...



道具を用意する

まず必要なものは

  • 塩化亜鉛
  • 咽頭捲綿子
  • 脱脂綿

これだけです。

 

 

塩化亜鉛は

仙台の堀田クリニックで処方してもらったものを使っています。

 

塩化亜鉛を入手するには?セルフBスポット・堀田修クリニック・慢性上咽頭炎闘病記録kekoです。 セルフでbスポット治療をするためには、なによりも塩化亜鉛が必要となります。 でも、塩化亜鉛って市販されている...

 

 

咽頭捲綿子はアマゾンで購入。

 

 

 

脱脂綿は、こういう医薬品用もいいんだけど・・

 

 

 

私はカット綿を使うことにしました。

 

大きな脱脂綿って、いちいちカットするのが大変だったんです。

 

keko
keko
時間の無駄はさけるべき!!

 

今はお化粧用のカットコットンを使っています。

カットコットンの方が使いやすいですよ。かさばらないし、お安いし。

 

無印ならたっぷり入って250円くらいで売ってますよ~。

手をよく洗う

上咽頭に菌がついてしまうのは絶対に避けたいので

セルフをやる前は

石けんでよく手を洗います。

 

keko
keko
泡タイプが便利!!

咽頭捲綿子もアルコール除菌しておきます。

 

 

 

 

脱脂綿をちぎる

キレイな手で脱脂綿をちぎります。

この脱脂綿の量が結構重要なんですよ。

 

あまり多すぎても巻きにくいし、

少なすぎても喉を傷つけて危険です。

 

 

ちょっと少ないかな~っていうくらいがちょうどいいですね。

私はいつもこのくらいの量をちぎっています。

 

 

咽頭捲綿子に脱脂綿を巻きつける

 

脱脂綿をきつく咽頭捲綿子に巻き付けていきます。

私は最初、これがうまくいかなくてあきらめていました。

でも何回か練習すればすっごく簡単です。

keko
keko
練習あるのみ!!

 

 

脱脂綿を左手でとって、

右手に咽頭捲綿子を握ります。(私は右利きなので)

脱脂綿の上に咽頭捲綿子の先端をのせて

 

咽頭捲綿子の先端に脱脂綿をきつく巻きつけていきます。

この時、右手の咽頭捲綿子をくるくるっと

回すことがポイントです。

左手の脱脂綿は動かないで

咽頭捲綿子にうまく巻きつくように固定している感じ。

 

 

私はこのくらい細くコンパクトに巻いてます。

細く巻いた方が

喉の奥の細かいところまで届きます。

やっている途中で

脱脂綿がとれてしまうこともないですよ。

 

 

口から咽頭捲綿子を入れてみる

口を開けて脱脂綿を巻いた咽頭捲綿子を入れていきます。

その時に頭はまっすぐにした方が入れやすいです。

上を向いてしまうとうまく入らないです。

 

慣れるまでは、じっくり見られるように

鏡の前で行うのをおすすめします。

 

まず口蓋垂(喉沈降)の横から先端をくぐらせるように入れます。

最初のうちは嘔吐反応が出て辛いです。

私も「これ、絶対無理!!」って思ったんですが

何度か練習しているうちに

急にするっと入るようになりました。

 

一度コツを覚えてしまえば

ものすごい簡単。

keko
keko
なんで今までできなかったのか。。不思議なくらい!!

 

 

口蓋垂の奥に入れて突き当りの壁が上咽頭の壁。

炎症を起こしている空間です。

咽頭捲綿子を上咽頭にこするように動かしていきます。

 

keko
keko
強く擦りつけるのがポイントです!!

 

 

セルフの方が

自分のペースでゆっくりできるので

炎症が起きている場所を見つけやすいです。

耳鼻科では出血しなかったのに

セルフでは結構出血してました。

 

口からのセルフができるようになったので

毎日、朝と晩の2回は行っています。

口から行うようになってから

後鼻漏が本当に楽になっていきました。

やっぱり口から塗ったほうが広く塗れるので

私には効きました。

 

 

あと、自分でできるようになると、嘔吐反応は全くないですよ~。

口からのセルフには続きがあります。よかったら参考にしてみてください。

セルフBスポットのやり方・口から編②【慢性上咽頭炎闘病記録】kekoです。 後鼻漏を治すための耳鼻科通いをやめて セルフbスポット治療だけにしてから 劇的によくなりました。 ...