慢性上咽頭炎・後鼻漏

【後鼻漏を自分で治す】Bスポット治療は自分でできるとすっごく楽・慢性上咽頭炎

kekoです。

後鼻漏の治療にはBスポット治療が有効なんですが、

新型コロナの影響で耳鼻科でBスポット治療に通えない方も多いのではないでしょか?

Bスポット治療って続けて通うことで効果があると言われているので、治療が中断すると不安になりますよね。

 

そんなとき、自分でBスポット治療ができると気持ちの上でとても安心です。

 

私も以前、体調をくずして1か月以上、耳鼻科通いができなくなったことがあるんですけど、セルフのやり方を教わって、自分でも治療ができるようにしていたのですごく助かった経験があります。

 

今日は自分でBスポット治療をやりたいけれど、やったことのない方へ。セルフでBスポット治療ができるメリットやセルフでやってきて気づいたことをお話ししたいと思います。

 

セルフBスポットをやってみる・鼻から編【慢性上咽頭炎闘病記録】kekoです。 辛い慢性上咽頭炎による後鼻漏を治すために 耳鼻科でのBスポット治療に通っていましたが すぐに治...



悪い場所が自分で分かるようになる

自分でBスポット治療をするのってすっごく怖い方もいると思います。最初は怖いと思います。

 

でも慣れてくれば本当に怖くないですよ。

keko
keko
鼻をかむくらいの感覚になります。

 

自分でやった方が楽だし、耳鼻科に通うだけよりも早くよくなりました。

自分でやることで、悪くなっている場所や自分の状態がよく分かってきます。

 

あと、なによりもじっくりと落ち着いて治療ができるのがすごくいい。

keko
keko
やり過ぎにはよくないと思うけれどね。。

 

私の場合は、喉に痰が貼りつくのが一番の不快な症状だったんですが、気持ちが悪いなーって感じたときにすぐに対処ができるのは本当に楽でしたよ。

 

セルフBスポットをやってみる・口から編②【慢性上咽頭炎闘病記録】kekoです。 後鼻漏を治すための耳鼻科通いをやめて セルフbスポット治療だけにしてから 劇的によくなりました。 ...

 

【後鼻漏を自分で治す】マヌカハニーで後鼻漏を楽にする方法①・慢性上咽頭炎kekoです。 慢性上咽頭炎による後鼻漏には、マヌカハニーもかなりおススメです。 インスタグラムでつながっている女性がいるん...

炎症範囲は思っていたより広いことが分かる

セルフ治療をしてきて感じたことは、炎症範囲が結構広いってこと。

 

個人差があるので、私だけかもしれませんが、自分で出血する場所を見つけて、そこに塩化亜鉛を擦りつけてよくなっても、実は他にも出血する場所があった。という感じで、次から次へと炎症場所が見つかりました。どれも耳鼻科では触ってくれなかった場所です。結構炎症範囲って広いんだなーって思いました。

でもね、ひとつひとつやっつけていくことで、範囲が狭まって症状も楽になるし、治療もしやすくなりました。

 

自分ではここさえよくなればもう終わりだろう。。って思っても、実はあと少し残っていて、新たな場所から出血。。ということがよくありました。

keko
keko
鼻腔内って思っていたよりも複雑で広かった。。
【後鼻漏を自分で治す】咽頭捲綿子の使い方・Bスポット治療・慢性上咽頭炎kekoです。 最近、お問い合わせからメッセージをいただくことが多くなりました。 https://odayakana...

口から綿棒も効果あり

口からのBスポット治療では咽頭けんめんしを使っていましたが、だんだん範囲が狭まってくると、咽頭けんめんしでは届かないところが出てくることに気づきました。

そこで、鼻から入れる細い綿棒を口から入れてみたことがあるんですけど、これがすっごくいい感じ。綿棒が細いので今まで届かなかった小さいくぼみにも届いて、結構出血しました。

 

綿棒でつつくと、くちゅくちゅと音がなって、うっ血しているのが分かります。出血もするしね。

何回か綿棒で刺激することで、粘膜が修復していく感じがしました。

後鼻漏がなかなか治らない人はもしかしたら楽になるかもしれません。

 

 

当然ですけれど、綿棒は衛生的なものを使用しましょう。

今はコロナの影響で特に注意が必要なので、医療用の袋詰めになった綿棒の方が安心です。

あと、この場合、綿棒は先が細くて硬い物の方がやりやすいのでおススメです。

 

綿棒はかなり奥まで入ります

以前の記事でも書いたことがあるんですけど、鼻から綿棒を入れるとかなり奥まで入ります。鼻から入れて、鼻腔を通して、口まで通すことができます。

 

【後鼻漏を自分で治す】マヌカハニーで後鼻漏を楽にする方法②・慢性上咽頭炎kekoです。 慢性上咽頭炎による後鼻漏を治すために、耳鼻科やセルフでのBスポット治療をいろいろしてきましたが、 マヌカハニ...

 

私の経験上、鼻から入れて、奥の咽頭の壁に当たったところまでを刺激するよりも、さらに奥まで通してあげた方が効果がありました。

 

逆に、口から綿棒を入れる場合も、かなり多くまで入れることができるので、今まで触ったことがないところも届くと思います。

 

ただ、綿棒の場合は細いので、ふにゃっとしてしまって、やりにくくなる場合があるんですよね。

ふにゃっとしてしまったら新しい綿棒に変えてやっていましたよ。

keko
keko
2本使いもいいかも・・

 

細い綿棒はそんなに力は入れられないんだけど、咽頭けんめんし(ハルトマン氏)よりも奥深いところまで入れられるところがいいと思います。

やってみると、「あー、ここも炎症場所だったかも。」と実感できましたよ。

 

これはあくまでも私の経験だけによるものなので、もし試される場合は自己責任でお願いします。

keko
keko
人それぞれ症状も炎症場所も違うと思うので・・

 

まとめ

以上、私がやってきたセルフのBスポット治療についてあれこれ書いてみました。

 

もしBスポット治療、自分ではやったことないけれど、やってみたいなーって思う方がいたら、ちょっと勇気を出してみるといいかも。。

 

私はしばらくBスポット治療はしていなかったんだけど、新型コロナの予防にもなるし、最近は時々セルフ治療をするようにしています。

 

これができると治療だけじゃなくて、セルフケアにもなるのですごく心強いです。

できれば、アレルギー持ちの息子にもやってあげたい。

 

どなたかの参考になればうれしいです。

では、また~。

 

【後鼻漏を自分で治す】Bスポット治療を卒業しました・慢性上咽頭炎kekoです。 慢性上咽頭炎による後鼻漏になってしまってからもうすぐ4年。。。 耳鼻科でのBスポット治療をやめて自分で治そう...