私の気持ち

高齢になっていく親を受け入れたくない未熟な私・50代専業主婦

kekoです。

 

さっき、高齢の母に強く当たってしまいました。

 

私の家から車で10分ほどのところに

80歳になる私の母が1人で暮らしています。

父が8年ほど前に亡くなってからずっとひとりです。

 

若い頃は

元気でなんでもできる母でしたが

80歳にもなると

だんだん今まで通りとはいかないところもあちこち出てくるようになりました。

 

きっかけは母の2年前の大腸がんかな。。

手術、抗がん剤治療を受けたことをきっかけに

病院に行くことが多くなりました。

 

 

母はおそらく

普通の80歳の方に比べると

若く見えるし、

お料理を始め庭仕事やDIYも上手だし

スマホやPCも使いこなすし

なんでも自分でできてしまう人なので

私の中では母はずっと変わらず元気でいてくれるに違いない。。

と勝手に思っていたのかもしれません。

 

keko
keko
母が老いていくのを認めたくないんだと思います。

 

でもね。当たり前ですけど、やっぱり母は高齢者なんですよね。

 

1日の終わりに「よかったこと3つ」をノートに書いています・ノート術kekoです いつも朝食の後、ゆっくり手帳を書いたり、ノートを書いたりして楽しんでいるのですが、最近、ノートを一日の終わりにも書く...

 

さっき、電話で

「お風呂の電球を取り替えるのがすごく大変だった。」

「電球が切れたこと、この前、電話で話したんだから、ちょっときて手伝ってくれたらよかったのに・・」

と言われてショックを受けてしまいました。

 

 

いきなり言われて、私もついイラッとしてしまい、

「手伝って欲しいなら、手伝って、ってはっきり言ってもらわないと私はわからない。」

「いくら私が専業主婦だって、他にも用事があるし、考えることがあるし、全てを察しろって言うのは無理。」

「今度からは直接はっきり言って欲しい。」

と強めの口調で母を責めてしまいました。

 

 

keko
keko
酷い娘です。

 

そういえば、2、3日前から母は

「お風呂場の電球が切れてしまったから取り替えないと・」って電話で話していたのですが

私の中では、電球を取り替えるくらい大したことない。。って勝手に判断して

気にも留めなかったんですよね。

 

母にとってはSOSだったんでしょう。

 

 

母の家のお風呂場の電球は

天井の高いところにあって

脚立を使わないと電球は取り付けることができなかったんです。

 

私はそのことを失念してしました。

 

自分の家のお風呂の電球は

高い場所にはついていないので

電球を取り替えるのに

脚立を使うなんて思いもしなかったんです。

 

 

強く言ってしまってからはもう反省です。

 

 

母はただ愚痴りたかったんですよね。

「大変だったんだよ。」って私に聞いてもらいたかったんですよね。

 

keko
keko
なのに私は大人気ない。。

 

 

私は人から言われたことがものすごく気になってしまうタイプで

母が私にちょっと愚痴ったくらいで

私は何もしてあげられなかった」

「気がつかないなんて、気の利かない娘だ」

「母が大変な思いをしたのは私のせいだ」

と自分を責めて辛くなるのです。

 

 

keko
keko
そんなに真剣に受け取らなくてもいいのにね。。

 

多分、私はひとり暮らしの母に対して

何もしてあげられてない。。というコンプレックスがあるんだと思います。

 

だから「察しろ。。」母に言われて

図星だったんだと思います。

 

50歳専業主婦の密かな悩み・常に時間に追われている感覚が辛くなるkekoです。 私の密かな悩みなのですけど・・・ 専業主婦で、自分が自由に使える時間がたくさんあるのに 特別な...

 

母がなんでも1人でできるので

甘えてしまっているんですよね。

 

私はHSP気質のせいなのか

人一倍、

「何かしてあげないと・・」

「私がなんとかしないと・・・」

と言う気持ちはあるんだけど

実際はそんなにできない。

そんな力がない。

何もできない自分に落ち込んでしまいます。

 

私、HSPだったの?HSPかも・・って思ったきっかけ・HSP診断kekoです。 HSPって言葉、最近本当によく聞くようになりました。 HSP、いわゆる「繊細な人」という意味合いで使われてい...

 

 

現在、私が母にしていることといえば

  • 毎日電話して話し相手になること。
  • 毎月大学病院の付き添いをすること。
  • 時々車で買い出しに行くこと。
  • 母のところに時々会いに行って、おしゃべりすること。
  • あとは草むしりや簡単な手伝い。

 

そのくらいです。

 

 

私は病院の先生とのやりとりとか

ネット関係の手続きとか

買い物関係なんかは得意なんですけど

 

 

実家の大掛かりな片付けに関しては

あまり得意ではありません。

 

keko
keko
実家の片付けって正直億劫で・・

 

でもね、これからはもう少し

自分のキャパを超えない程度に

実家の片付けもやって行こうかな。。とは思います。

 

白い玄関タイルの汚れ・酸素系漂白剤とお湯で簡単にキレイに!!kekoです。 我が家の玄関のタイルはオフホワイト。 すごく気に入っているんですけど、 白ってどうしても汚れが目立つの...

 

全部私がなんとかしなくちゃ・・・って思うのは

辛くなってしまうので

私ができる範囲でね。

 

これからは母にもやって欲しいことははっきり言ってもらうことにして

私はできる範囲でやるね。

ということにさせていただきました。

 

 

こちら、私にとってはツボすぎる本です。

HSP気質の人はこれ読むと気持ちが軽くなるかも。。

 

本の中の特にこの部分が激しく共感。

 

何がなんでも自分がやらなくてはいけない。。と思うのではなくて

相手の力を信じることも大切。

 

相手は相手でなんとかするから、そんなに心配しなくても大丈夫。

物事は案外なんとかなる。

そのくらいに思っていてもいいのかもしれません。

 

 

HSP・繊細さんにはアウトプットが大切・「繊細さんの幸せリスト」よりkekoです。 以前、私はHSP気質があるっていう記事にも書いたのですが・・ https://odayakanajikan....

 

でもね、母は高齢なので

なるべくはやってあげたい。

母も私に迷惑をかけないように1人で頑張っているのがすごくわかるんです。

 

やってあげられなかったとしたら

あとで絶対に自分が後悔する。

 

 

 

 

母は私が近くにいて

いつでも話し相手になってくれるだけで心強い。とは言ってくれるけど

いつまでも母に甘えているばかりでもいけないですね。

 

 

 

こんなこと言ってられるのも

母が今のところ認知症や他の問題もなく

元気で過ごしてくれているからなんですよね。

 

 

 

言いたいことをお互いに言うことができる今の状況って

かなり幸せなことなことなんだと思います。

 

 

 

今できることを大切に

1日1日を大切に過ごしたいな。。

 

お母さん、ごめんね。

 

あー、でも親が高齢になっていくのって

正直寂しいな・・

 

 

 

 

ブログに気持ちを書いていたら落ち着きました。

 

やっぱり気持ちを書き出すっていいかも。。

 

では、また〜。

citta手帳とノートで主婦のモヤモヤ・イライラを消すkekoです。 自分の時間がない。。 そう思う主婦の方はいらっしゃいませんか? 私がそうだったんですけれど、 家...

 

国産の冷凍野菜はどこで買える?スーパー・宅配・お値段を調べてみましたkekoです。 冷凍野菜って忙しい主婦には、とっても強い味方ですよね。 野菜を摂りたいけれど、洗ったり、切ったりする...