慢性上咽頭炎・後鼻漏

【後鼻漏を自分で治す】Bスポット治療って痛いの?怖いの?私の経験談

kekoです。

Bスポット治療は怖くてできない。。。という話を相談を受けることがありますが

「怖いと感じるのは最初だけ。慣れれば大丈夫。」とお答えしています。

きっと「この治療はすっごく痛い!!」という口コミを聞いて、必要以上に怖く感じてしまうんだと思います。

でも、痛みが怖いのを理由に治療をしないというのはもったいない!!

世間で言われているほど痛くないし、怖くないですよ~。

 

 

今日はBスポット治療は怖くない!!ということを

耳鼻科での治療、セルフでの治療の場合との場合についてお伝えしますね。

 

Bスポット治療ブログ・私が通ったことのある病院・慢性上咽頭炎kekoです。 慢性上咽頭炎はBスポット治療が効く!!というけれど 実際はBスポット治療を行っている耳鼻科って少ないんですよ...



耳鼻科でのBスポット治療の場合は?

確かにBスポット治療は痛いです。

でも、痛いのは最初の数回だけ。

炎症が治まってくると痛くないし、出血もしなくなりますよ。

 

 

私は初めて6スポット治療を受けたとき、かなりの痛みに衝撃を受けました!!

治療の後のネフライザーでは涙がボロボロ。。

炎症があればあるほど痛みも出血もひどいんですよね。

 

だから痛いってことは、効いている証拠。

そう思えば、何ともありませんでした。

 

終わった後もしばらくヒリヒリとした痛みは続きます。

帰り道、電車の中では20分くらいで痛みは引いてきます。

keko
keko
許容範囲内です!!

 

痛みも怖さも慣れれば大丈夫。

所詮、その程度の痛みです。

湯島の耳鼻科では赤ちゃんもやっていましたよ~。

(かなり泣いてたけど・・)

 

怖さについては、治療はこちらは完全に受け身で、シートにただ座っているだけで、鼻から、口からとぐりぐりとやられるので、何をされるのか?といった不安からくる怖さはあるかもしれません。でも大丈夫。これも慣れれば全く問題なし。

怖いからって治療を受けないなんて、もったいないです。

実際はそこまで怖くないですから。。

 

でもね、痛みや怖さって耳鼻科にもよるんですよね。

私は初めてBスポット治療を受けた耳鼻科は、ちょんちょんとつけるだけのものだったので、全く痛みも感じず、出血もせず。

これだと痛くはないけど、私にはまったく効きませんでした。

痛い耳鼻科をおすすめします。

セルフBスポット治療 鼻からの場合は?

初めてBスポット治療を自分でやろうと思ったときは

怖くて怖くて仕方ありませんでした。

長い綿棒を鼻の穴に突き刺すなんて絶対にできない!!って思ってました。

 

でも、これもできるようになると全く平気。

keko
keko
本当に簡単!!

 

慣れてくると自分の鼻腔の形が分かってくるので

するすると綿棒を入れることができますよ。

 

体の力を抜いて

鼻腔に沿って綿棒を奥に滑らせる感じ。

ただ、鼻腔の広さって個人差があるようで

一般的に男性は広くて女性は狭いみたいです。

また、右と左でも鼻腔の広さと形も違うと聞きます。

 

 

私も普通の人よりも鼻腔は細いらしく

右側は特に狭いと耳鼻科の先生に言われたことがあります。

 

 

実際にセルフでやっているときも

右側の方が綿棒が入りにくく、時々擦れて出血することもあるんですよね。

 

入りにくいときは無理して入れない方がいいですよ。

そのうちに入るようになるので、気長に取り組みましょう。

 

セルフBスポットのやり方ブログ・鼻から編・EAT【慢性上咽頭炎記録】私が行った自分でできるセルフBスポット治療のやり方をブログで紹介します♪ 辛い慢性上咽頭炎による後鼻漏を治すために 耳鼻科で...

セルフBスポット治療 口からの場合は?

鼻からと同様に、口から喉頭捲綿子(いんとうけんめんし)を入れる場合も慣れてしまえば平気です。

 

私の場合は鼻から綿棒よりも、口から入れる場合の方が恐怖がありました。

嘔吐反応がどうしてもダメだったんです。

喉頭捲綿子と塩化亜鉛は手元にあったのに、勇気なくてなかなか自分で治療することができなくて、いつも自分でするのは鼻からのみの治療でした。

でもね、ある日、耳鼻科に行くのをやめて

自分で治すことを決心!!

自分でも口からのBスポット治療をやってみることにしました。

 

手こずったのは最初の2,3日だけ。

keko
keko
突然、コツをつかみました!!

 

 

 

喉沈降の脇から喉頭捲綿子をくぐらすように入れてしまえば、もう後は擦りつけるだけ。

きっと喉沈降の脇からすっとくぐらすのが最初の難関なんだと思います。(私はそうでした。)

何回か練習するうちに全く嘔吐反応がなくなるので、練習あるのみです。

あと、ちょっとの勇気!!

セルフBスポットのやり方ブログ・口から編①・EAT【慢性上咽頭炎記録】私が行った自分でできるセルフBスポット治療のやり方をブログで紹介します♪ 辛い慢性上咽頭炎による後鼻漏治療を治すために ...

まとめ

Bスポット治療は痛くて怖い!!と言われていますが

案ずるより産むが易しです。

耳鼻科での治療でもセルフでの治療でも

慣れてしまえば怖さも痛みもどうでもよくなります。

そんなことよりもよくなる方が重要。

Bスポット治療をすることで、後鼻漏の症状が楽になっただけじゃなくて

風邪を引くことがなくなりました。

最初は痛いけど、体調がよくなるし、いいことありますよ。

 

では、また~。

 

セルフBスポットのやり方ブログ・口から編②【慢性上咽頭炎闘病記録】私が行って効果があったセルフBスポット治療について紹介します♪ 今日は「セルフBスポットをやってみる・口から編①」の続きをお伝えし...