うつ・不安症

元気になりたいなら早く寝る・習慣を変える・うつ・不安症

kekoです。

睡眠、ちゃんととれていますか?

私は以前、睡眠が短くて滅茶苦茶だった時期がありました。

そんな滅茶苦茶な睡眠生活をしていたある日、突然、次から次へと今まで経験したことのないような不調に悩まされるように・・

すべての原因は滅茶苦茶な睡眠生活にあった!!って今になって感じます。

今日は夜更かしっていいことないよ・・っていう私の経験をお話ししたいと思います。

【睡眠薬マイスリーを飲んでいました】効き目・副作用・依存性・不眠kekoです。 不安、うつ状態だったころ、 心療内科ではいつも入眠導入薬を処方されていました。 トータルで1年...

 

夜更かししてネット見てませんか?

私もそうだったんですが、不調を抱えている人って夜型習慣じゃないですか?

私は体調を崩す前、毎日、毎日、夜、寝るのは1時過ぎでした。

しかも寝る前までずっとPC作業をしていました。

最悪なことに布団の中でもスマホを見ながら眠る。。という状態。

睡眠時間も4、5時間。

keko
keko
こんな生活続けてたら体を壊すのは当たり前だわ。。

キャパがあるうちはこういう生活も保つことができるんです。でもね、徐々に夜型の生活に体が耐えられなくなっていきます。

 

keko
keko
特に40代女性!!

キャパ越えしてしまうと、転げ落ちるように次から次へと体調がくずれていきますよ。

そして、こういう不調に一度陥ると、治るまでに時間がかかるんです。

keko
keko
私は3年かかりました。

 

このブログに以前の私の様な不調を抱えた方からメッセージをいただくことがあるのですが、メッセージを送って下さる時間が夜中1時、2時、3時。。という方が結構多くて心配してしまいます。

生活習慣は人それぞれだと思うので、一概には言えませんが、夜中のネットはいいことないですよ。

経験上、これだけは強く言えます。

元気になりたいなら、早く寝る!!

 

眠くなくても早く寝室に行って横になること。

夜の方が時間があるし、元気が出るのかもしれないけれど、それ、そのまま朝にシフトした方がいいでですよ。

 

ちょっと早起きして、ノートを書いてみるといいですよ モーニングページkekoです。 ノートを活用することで、辛かった毎日は劇的に改善していきました。 https://oda...

眠剤を飲んでいるだけじゃ治らない

私は1年半ちかく眠剤を毎日飲んでいました。眠剤を毎日飲むのはよくない。。とも言われていますが、とにかく眠らない事にはまともな生活ができないので私はちゃんと眠れるようになるまでは眠剤を飲み続けることを選択しました。

keko
keko
なによりも主治医の先生を信頼していたので、薬に対する不安を手放すことにしたんです。
  • 今日も眠れないのかなー。
  • 明日の朝もまた辛いのかな。。
  • また夜中に起きるのかな。
  • 嫌な夢を見るのかな。

こう思うと眠るのが怖くなる時もあったのだけど

とにかく夜22時には眠ることに徹しました。

夫の帰宅が毎晩遅いのもわたしを悩ます一つでした。

でもここは自分を最優先!!当時はちょっとした音にも敏感で眠れなくなってしまうので、そのことを夫に話して

帰宅後も静かに過ごしてもらうことにしました。テレビもイヤホンで。電子レンジも使わないようにお願いしました。

とにかく早く休むこと。これだけは自分で決めてました。

 

私は22時に就寝するように21時30には眠剤を飲んでました。

 

夜中、遅い時間に眠剤を飲んでも意味ないと思う。眠剤の一番の目的は睡眠を整えること、生活習慣を整えること。

 

 

睡眠薬をやめるために私がしたこと・不眠・ベンザリン・レンドルミン・マイスリーkekoです。 うつ・不安症で悩んでいた時、夜も眠れなくなって睡眠薬も服用していました。 マイスリー→レンドルミン→ベンザリ...

生活習慣を変えないと治らない

きついいい方かもしれないけれど、眠剤を飲んだからと言って、自然に睡眠が整うことはないですね。薬をうまく使って睡眠を整えて、意識的に生活を変えていこう!!とする気持ちが大切。

 

そもそも病気になったのって、無理があったんです。キャパ超えしたんです。生活をかえてくれ!!っていう体からのメッセージだと思うんです。

keko
keko
生活を変えないと治らない。

薬飲むだけじゃ変わらない。

薬は飲むけど、生活はそのまま・・・これでは治らない。

ちょっとだけでいいから頑張ってあげることって大事。

 

できない時はできなくていい。でもちょっとだけでいいから負荷をかけて頑張ってあげることも大事。

当時、主治医によく言われていた言葉です。

うつ病・不安症・不調を気にしないで日常生活をおくる方法kekoです。 うつや不安症の症状に悩まされていた時、日常生活をおくるのがとても辛く感じていました。 主治医の先生には不調を...

まとめ

辛い経験をしたおかげで私は今ではすっかり朝型生活に変わりました。

私の場合は7時間眠るのがベストな状態であると自分で分かるので、今は夜22時半に寝て、朝の5時半に起きるようにしています。

夜、22時半に眠るためには22時にはもう寝るだけ状態にすることがポイントです。

 

なので、かつてのように夜24時以降に寝るっていうことはまずありません。

夜、色々やりたいなーって思う気持ちもあるんだけど、これはきっぱりあきらめて、次の日に回すようにしています。

実際に同じ作業でも、夜やるよりも朝やった方が何倍も効率がいいのが経験上分かっているから。

 

keko
keko
樺沢先生の本を読むとすっごく納得できますよ。

今日もゆったりいきましょう♡

 

では、また~。

keko
keko
朝活関係の本はたくさんあって楽しい♡