くらし

サーモスとアイリスオーヤマ取っ手がとれるフライパンを比較!どっちがいい?

サーモスとアイリスオーヤマダイヤモンドコートパンの取っ手がとれるフライパンを実際に使ってみて、どっちのフライパンが良かったのか?率直な感想を詳しく説明します♪

またネットでの口コミも紹介します。

どちらも取っ手がとれるフライパンだけど、お値段を比べるとアイリスのほうがサーモスと比べるとかなり安い。

実際の使い心地に違いはあるのか?気になりますよね。

どっちを買ったらいいのか?迷っている方の参考になればうれしいです。

 

また、サーモスとティファールの違いについての記事はこちらです。

気になる方はご覧ください。

↓ ↓ ↓

サーモスとティファールのフライパンを比較!どっちがいい?サーモス28cmの口コミ!サーモスの取っ手のとれるフライパン28cmを購入しました。 私が実際に使ってみた感想を紹介します。 またティファールの取っ手...

 

 

 

 

 

サーモスとアイリスオーヤマ のフライパンはどっちがいい?違いを比較!

結論から言うと・・

私はアイリスオーヤマのダイヤモンドコートのフライパンよりもサーモスの方がいいですね。

アイリスオーヤマよりもサーモスの方がいいなーって思う理由を3つあげたいと思います。

アイリスオーヤマ のダイヤモンドコートは最初は焦げ付く

アイリスオーヤマのダイヤモンドコートフライパンを使って、一番残念だったのは、最初から焦げ付いてしまったこと。

こちらは使用前のアイリスオーヤマのダイヤモンドコート。

↓ ↓ ↓

人工ダイヤモンドを細かい粒子状にしてフッ素樹脂コーティングしたものになります。

ちなみに私が買ったのは、20センチのもの。

ちょっとした炒め物や、目玉焼きを作るために購入しました。

 

早速、使ってみたところ・・・

目玉焼きを焼いただけなのに、このように焦げ付きが・・

説明書をよく読まなかった私もいけないんですが、最初のうちは油を多めにするように・・・との注意書きがありました。

その後も、油多めにしてトライしたのですが、何度か失敗。

でもそのうちにフライパンの状態が落ち着いたのか、こびりつくことなく、目玉焼きも炒め物もうまくできるようになりました。

 

ただ、サーモスの場合は、初回からきれいに目玉焼きも仕上がるんですよね。

まず失敗はありえないです。

しかも油が少なくても焦げ付きません。

その点からも、私はアイリスオーヤマのダイヤモンドコートよりも、サーモスの方がいい!!と感じます。

 

サーモスの方が汚れが落ちやすい

使用後のフライパンの汚れの落ち具合も重要ですよね。

実際使ってみたところ、アイリスオーヤマよりもサーモスの方が汚れがすぐに落ちる感覚があります。

サーモスのフライパンの表面ってツルッとしていて、力を入れなくても、汚れが簡単に落とせるんです。

↓ ↓

洗い上がりもさっぱり。

アイリスオーヤマのダイヤモンドコートもキッチン洗剤で汚れはきれいに落ちますが、サーモスに比べると、少しこびりつくことがあるんです。

汚れの落ち具合はサーモスの方がきれいに落ちると感じます。

 

サーモスの方が取っ手が使いやすい

サーモスとアイリスオーヤマの取っ手は使い方が違います。

私はサーモスの取っ手の方が使いやすいですね。

サーモスは片手でサクッと簡単に取り付けたり、外したりできるのですが、アイリスオーヤマの取っ手は一手間かかります。

その分、アイリスオーヤマの方が取っ手が外れにくい。と言ったメリットもあるんですけどね。。

あと、、アイリスオーヤマのダイヤモンドコートとサーモスの取っ手のとれるフライパンは取っ手の代用はできません。

アイリスオーヤマのダイヤモンドコートフライパンの方が厚みがあるので、サーモスの取ってでは挟めないんですね。

逆にアイリスオーヤマの取っ手でもサーモス のフライパンを挟むこともできません。

ちなみに、ティファールとサーモスのフライパンの場合は、どちらの取っ手でも使えますよ♪

 

サーモスの取っ手の使い方

取っ手をフライパンに挟んで、下にあるレバーを握って押し込むと取り付け完了。

取っ手を取るときはボタンを指で手前にスライドさせると、下のレバーが下がって取っ手が外れます。

keko
keko
片手でワンタッチで作業できるのがいいですね。

取っ手だけの別売りもありますよ♪

↓ ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サーモス 取っ手のとれるフライパン専用取っ手 KHA-001
価格:1780円(税込、送料別) (2022/4/18時点)

楽天で購入

 

 

 

アイリスオーヤマの取っ手の使い方

こちらがアイリスオーヤマの取っ手。

二重ロック構造になっています。

 

 

 

取っ手を取り付けるときは

フライパンに取っ手を挟んで・・

 

 

レバーを「しめる」の位置に回します。

 

取っ手を取り外すときにはレバーと右に回して

 

 

さらにプッシュボタンを押すと取っ手が外れるようになっています。

 

二重構造になっているので、しっかり取り付けができて安心です。

ただ、私の場合、この2段階の作業がちょっと手間に感じてしまう時があるんですよね。

 

 

 

ネットでの口コミは?

私一人だけの感想では説得ないと思いますので、

ここでは私以外の実際にサーモスとアイリスオーヤマの取っ手が取れるフライパンを使った人からの口コミをそれぞれ紹介しますね♪

 

サーモスのフライパンの口コミは?

 

以前はティファールを使っていましたが、買い替えが単品だと価格高めなので、こちらの鍋と26㎝フライパンを単品で購入し、とても気に入ったので、今回は28㎝フライパンの追加購入です。
取手の取り付け方が今までのものと違い、カチカチカチと音がならなくなるまでレバーを握って固定するタイプです。安定感あり良いです。

ずっと取手の取れるシリーズを使ってきて、やっとコスパの良いいい商品にめぐりあった感じで、オススメです。

引用:amazon

 

以前はアイ○スオー○マのダイアモンドコートフライパンを使用してました。しかしこれが、使用して半年で、マークの部分にくっつくわ、中央が盛り上がり歪むわ、「安かろう悪かろう」の典型的な例でした。
そこで、このフライパンも価格こそ安いですが、まだ出たばかりだし評価も少なかったので、ものは試しと購入。結果、これはいい!お気に入りになりました。
まず、このフライパン、とにかく軽い。アイ○スのも軽かったですが、それよりも軽いと思います。、焦げ付く心配も皆無。さすがに油なしは厳しいですが、油を少量ひいてあげれば、全くくっつきません。ホント買い替えて良かったと思います

引用:amazon

 

大体ティファールの半値だが、全く不便さを感じない。
ティファールのザラザラ感がちょっと苦手だったが、このフライパンはツルツルしていて洗う時もスッキリした気分になる。
使って1ヶ月程度だがとても満足。
一点不満としては、
個体差かもしれないが、中央が盛り上がって平らではないので油がドーナツ状に周りに広がる。
でもテフロンがしっかりしていて焦げないので気にしていない。

引用:amazon

 

 

軽くて使い易いですが、外塗装がすぐに剥がれます
到着後、取手の脱着だけで剥がれてしまい下地が見えます。
購入後、3週間近いのですが、外側はキズだらけで下地があちこち露出しています。

引用:amazon

 

まとめると次のような良い口コミが多かったですね。

・取っ手が安定感があって良い

・コスパが良くておすすめ

・とにかく軽い

・焦げ付く心配がない

・ツルツルしていて洗うときにスッキリする

 

良くない口コミは次のようなものがありました。

・中央が盛り上がっていて油がドーナツ状に広がる

・外塗装がすぐに剥がれる

 

ただ、私が実際に使った感じでは、油の広がり方は気にしたことがないですし、使用して半年以上経って、ほぼ毎日使用していますが塗装が剥がれもほとんどないです。

 

アイリスオーヤマの口コミは?

 

以前のフライパンは4年以上使っていて焦げ付きが気になってきたので新しいのを買い換えました。
やっぱり新しいフライパンはするんと剥がれて洗うのも楽ちんです。

引用:amazon

まだ買ったばかりなのでこのくっ付かないのがいつまで持つかは不明。
ただ安くて買い替えやすいので気軽に買える。

引用:amazon

 

取っ手が取れるフライパン、ティファールがいいのですが価格が高い。またフッ素コーティングすぐにはがれてこびりつきます。1年もたない。かといって毎年買い替えるわけにもいかず、どうせならと国内で好きなコンセプトのメーカーにしました。ダイヤモンドコートと書いてありますが、油をひかないとこびりつきます。少し引くときれいに調理でします。フッ素加工との違いになれるまではすこし戸惑います。
取っ手が大きくて重たいのです。扱いにくくて、ちょっと残念。

引用:amazon

 

コゲつかず洗いやすいです! でも何年も持たない感じです コゲつきが取れなくなります 。洗い方によるかもしれないです。

引用:amazon

 

アイリスオーヤマのダイヤモンドコートフライパンも良い口コミが多かったですね。

まとめると・・

・汚れがするんと剥がれて洗うのも簡単

・安いので気軽に買い替えやすいのが良い

・油の加減でこびりつきやすい。フッ素加工とは違う。

・焦げ付きにくさが長持ちしない

 

アイリスオーヤマの場合、お値段がお安い!ので気軽に買い替えができるのが一番の利点ですよね。

何年も長持ちしなくてもいい!こびりつきが気になったらその都度買い替えができる方がいい!という方にはアイリスオーヤマのダイヤモンドコートの方ががおすすめかもしれません。

 

セットで買ったほうがお得?

サーモスとアイリスオーヤマのダイヤモンドコートの取っ手のとれるフライパン。

どちらもネットでの購入がお手軽でお得です♪

私もアマゾンと楽天で購入しました。

 

バラ売りでも買えますが

もし、複数のフライパンや鍋が欲しい場合は、セットで購入した方がお得ですね!!

サーモスは9点セット。

アイリスオーヤマ は6点セットでの販売があります。

どちらも人気の商品ですよ!!

いずれも重ねて収納できるので、場所もとらなくておすすめです♪

まとめ

以上、サーモスとアイリスオーヤマダイヤモンドコートの取っ手のとれるフライパンを比較、どちらがいいのか?についてお伝えしました。

私が実際に使用してきた感想では、3つの理由でサーモスの方が好みです。

サーモスの方が焦げ付きにくいこと

サーモスの方が汚れが落ちやすいこと

サーモスの方が取っ手が使いやすいこと

ただ、アイリスオーヤマの場合は

お値段がかなりお安いことがとても魅力的ですよね。

焦げ付きが気になったら気軽にすぐに買い替えをしたい!という方にはアイリスオーヤマの方がおすすめだと思います。

どちらのフライパンにしようかな・・って思っている方の参考になれば嬉しいです♪

サーモスとティファールのフライパンを比較!どっちがいい?サーモス28cmの口コミ!サーモスの取っ手のとれるフライパン28cmを購入しました。 私が実際に使ってみた感想を紹介します。 またティファールの取っ手...