うつ・不安症

喉の不快を気にしない方法・慢性上咽頭炎・心療内科で言われたこと

kekoです。

以前、慢性上咽頭炎の影響で

今までに感じたことのなかった不快な症状に悩まされていたことがありました。

 

【慢性上咽頭炎闘病記録】私を襲った突然の不調kekoです。 私はこの3年間、慢性上咽頭炎による後鼻漏に悩まされてきました。 ひどいときはメンタルまでおかしくなってしまい...

 

私の場合は

 

  • 喉がムズムズと痒くなって咳が止まらなくなる
  • 喉がヒリヒリして声が出せない・刺激物が食べられない
  • 喉の一部が乾燥して痰が貼りつく
  • 痰の貼りつきがどうやっても取れなくて気持ちが悪い

 

いろいろです。

とにかく喉の違和感が酷かった!!

 

 

今までに感じたことがないくらいの尋常じゃない感覚に恐怖を覚えました。

「これはきっと治らない。。」

そう思うと不安が消えませんでした。

 

 

喉ってただえさえ神経がたくさん通っている場所だから

余計辛く感じるんだと思います。

 

 

あまりの不快に耐えられなくてパニック障害や鬱の症状が出てしまうほど。。

心療内科のお世話になることになってしまいました。

 

初めての心療内科へ うつ・不安障害・慢性上咽頭炎kekoです。 慢性上咽頭炎による後鼻漏の症状に悩まされながら、だんだん私のメンタルもおかしくなっていきました。 あ...

 

【後鼻漏・慢性上咽頭炎】うつ・パニック障害になった私の経験談kekoです。 私は慢性上咽頭炎が原因でメンタルが崩壊してしまった経験があります。 咳が止まらず精神的に参っていたところに、...

 

 

当時の私はこんなふうに感じていました。

 

  • この喉の不快な症状は簡単に治るものではない
  • それならば、どうやってこの不快な状態と付き合っていけばいいのか。。
  • 不快な状態をどうやったら忘れることができるのか。。
  • この不快さがなくならないと、メンタルも治らない。。

 

 

当時、心療内科の先生にこんな質問したことがあります。

「どうしたらこの喉の不快を気にしないでいられますか?」

 

今日は不快な症状を気にしないでいられるにはどうしたらいいのか・・

当時、心療内科の先生と診察室で話したことをお伝えしたいと思います。

 

慢性上咽頭炎・後鼻漏がなかなか治らなくて不安なときの心の持ち方kekoです。 慢性上咽頭炎ってなかなか治らなくて、心が折れますよね。 私も最初の頃は、喉の奥にはりつく痰の不快がひどすぎて...

 

不快な状態に付き合わない・今は当たり前のこととして受け入れる

不快な症状を気にしなくするためには・・

主治医の返事は

  • 不快に付き合わないこと
  • 今は不快な状態が当たり前だと思うこと

 

最初、こう言われた時はとても受け入れることはできませんでした。

不快な症状が当たり前だと思えなんて・・・

ずっとこのままなの??絶望的な気持ちにもなりました。

 

keko
keko
でも、大丈夫です。

 

「今だけだから。。」

「そのうちによくなるから」

と自分に言い聞かせることでなんとか私は受け入れることができました。

 

https://odayakanajikan.com/watashinoshoujyou

 

他のことを考えるクセをつけるとよい

あと、先生は

 

不快な症状が気になり出したら他のことを考える癖をつけるといい。

 

keko
keko
他のことというのは、自分にとって良いこと。楽しいなーって思えることですね。

 

こうしたパターンをつけていくことで、そのうちに気にならなくなる。

 

そう言われました。

 

 

そこで、当時の私は、喉が気持ち悪くて辛くなったら、カフェに行ってのんびりしている自分を想像したり

私はアロマが好きなので、素敵なアロマ本を眺めたりして、気を紛らわすことにしていました。

そういうクセをつけていくことで、最初は難しいんですけど、不快な症状とうまく付き合えるようになっていきました。

 

意識を他に向けることが大切なのかもしれません。

 

 

うつ病・不安症・不調を気にしないで日常生活をおくる方法kekoです。 うつや不安症の症状に悩まされていた時、日常生活をおくるのがとても辛く感じていました。 主治医の先生には不調を...

 

不快な症状を抱えて生きている人はたくさんいる

また、主治医の先生はこんなことも言ってました。

 

  • 世の中には一日中、ずっと痺れや痛みを伴って生きている人もたくさんいます。気にしないことで症状は和らいでいきます。
  • 今まで不快な症状がなくいられたのは幸せだっただけ。そう受け止める

 

keko
keko
これも、最初はなかなか私には受け入れられませんでした。

 

 

でもね、、多分、先生の言う通りなんだと思います。

不快な状態にある程度折り合いをつけて生きていくことも、必要なんだと思います。

 

 

個人差はあるとは思いますが

実際に耐えがたいほどの不快な症状というのは長くは続かないと思います。

 

Bスポット治療(EAT)を続けているうちに

症状が完全に消えるまでは時間がかかるかもしれませんが、徐々に良くなっていく方が多いと思います。

ある程度までよくなれば、不快な状態とうまく付き合っていくこともできるようになると思います。

 

 

今でも少し喉の違和感は残っていますが、あー、今日は調子悪いのね。。くらいに受け止められるようになりました。

 

keko
keko
完全に症状がなくなれば、一番いんですけどね^^

 

スートラネティは怖くない・簡単なやり方・慢性上咽頭炎記録kekoです。 前回の記事で、慢性上咽頭炎を楽にするために、Bスポット治療以外の自分でできる方法をいくつか紹介しましたが ...

気持ちの持ち方で楽になれる

以上、辛かった当時、心療内科の診察室で主治医に言われた話を少し紹介させていただきました。

そんなこと言ったって、辛いものは辛い!!って思われる方も多いとは思いますが、、

気持ちの持ち方も大事だと思います。

 

人によって症状は様々だと思いますが、慢性上咽頭炎の喉の不快さって、辛すぎますよね。。

しかもなかなか治らない。。

こんなに辛いのに耳鼻科に行ってもなかなかわかってもらえない。

今まで散々辛い思いをしてきました。

でも、本当に辛い状態はずっとは続かない。

経験上、そう思います。

大丈夫です。

 

では、また〜。

 

慢性上咽頭炎・後鼻漏が楽になった方法・Bスポット・鼻うがい・マヌカハニーkekoです。 私はこの3年間、慢性上咽頭炎による後鼻漏に悩まされてきました。 ひどいときはメンタルまでおかしくなってしまい...