慢性上咽頭炎・後鼻漏

【後鼻漏を自分で治す】 bスポット治療の力の入れ方・頻度・慢性上咽頭炎

kekoです。

私はこの3年間、慢性上咽頭炎による後鼻漏に悩まされてきました。

 

ひどいときはメンタルまでおかしくなってしまい

抗不安薬を毎日服用するほどに・・・

 

後鼻漏を治すためにずっと耳鼻科でのbスポット治療に通っていたんですが

思い切って耳鼻科通いをやめて自分で治すことに決めました!!

 

keko
keko
耳鼻科に頻繁に通うのって結構大変で・・・

 

そうやって毎日自分でbスポット治療をするようになってから

徐々に症状があまり気にならなくなっていきました。

 

同じように自分で後鼻漏を治したい!!と思っている方のお役に立てますように・・

 

今日はセルフbスポット治療の力の入れ方(口から)についてお話しますね。

 

強く擦るのがポイントです

bスポット治療って力強く擦りつけた方が絶対に効きます!!

 

色々耳鼻科でbスポット治療を受けてきたけど、

強く擦ってくれる先生の方が治りが早かったです。

私がBスポット治療に通ったことのある病院を紹介します【慢性上咽頭炎闘病記録】kekoです。 慢性上咽頭炎はBスポット治療が効く!!というけれど 実際はBスポット治療を行っている耳鼻科って少ないんですよ...

 

チョンチョンと綿棒で軽くつけておしまい・・・という先生もいらっしゃいましたが、全く効果ありませんでした。

出血もないし・・

痛みもない。

 

 

なので、セルフでの治療も口から咽頭捲綿子を使ってごりごりと強めに擦りつけています。

悪い粘膜を剥げ落とすような感じ。

 

手の動かし方ですけど・・

かぼちゃの綿をスプーンで取り除くような、、

車のワイパーの動きのように擦りつけるといい感じです。

 

keko
keko
結構思い切って動かしても大丈夫。

 

 

 

同じところを擦っても

力が弱いと出血しないんですよ。

 

あと、出血とともに粘膜も剥げてくるのが分かります。

keko
keko
きっとこの粘膜が剥げて、あたらしい粘膜が修復できればいいんじゃないかなー。

 

 

【後鼻漏を自分で治す】マヌカハニーで後鼻漏を楽にする方法①・慢性上咽頭炎kekoです。 慢性上咽頭炎による後鼻漏には、マヌカハニーもかなりおススメです。 インスタグラムでつながっている女性がいるん...

セルフBスポット治療にかけている時間

 

セルフだと時間をかけてゆっくりできるので

私は口からのセルフ治療をし始めたころは平気で30分くらいかけてやってました。

自分なりのコツをつかむのに時間がかかったんです。

 

keko
keko
でも、だんだん症状が落ちついてくるので、そのうち5分くらいで済むようになりましたよ。粘液も減ってきます。

 

自分の目で見えないのでまんべんなくつついたり、擦ったり。

擦っているとき、くちゅくちゅと音がすることがあって

きっとその場所が患部なんだと思います。

これを一日2回やっていました。

 

ずっと続けていると

随分楽になりましたよ。

 

 

 

ひどかった時は粘液がたくさんでるので

常に唾を飲みこんでいるような状態でした。

いっつも喉に意識がいってしまって、本当に嫌だった。

 

でもいつの間にか粘液が少なくなってきて

時々咳払いやうがいをして痰を出す程度になっていきました。

 

 

セルフBスポットをやってみる・口から編②【慢性上咽頭炎闘病記録】kekoです。 後鼻漏を治すための耳鼻科通いをやめて セルフbスポット治療だけにしてから 劇的によくなりました。 ...

のどぬーる綿棒も使ってみたところ・・

 

口からのセルフ治療に咽頭捲綿子ではなくて普通の綿棒も時々使うことがあります。

咽頭捲綿子だと脱脂綿を巻くのがちょっと面倒なんですよね。

普通の綿棒ならパパッと簡単にできるのがよくて。。

 

 

ただ普通の綿棒はちょっと短いので、もう少し長ければよりいいんだけどなーって思っていて。

 

そこで、のどぬーる綿棒を試してみることに・・

 

 

治療の最初の頃、のどぬーる綿棒試したことあるんですよ。

 

でもね、その頃は私のやり方がへたくそすぎて

嘔吐反応が出てしまって、なかなかうまくいかなかったんです。

 

でも、もう慣れているので嘔吐反応なしですっと上咽頭に入れることができました。

自分でやった方が嘔吐反応は出ないですよ。耳鼻科でやってもらう方がおえーってなりますね。

 

のどぬーる綿棒、、

やっぱり長い綿棒はやりやすいです!!

でもね、力が入れにくいのです。

 

 

bスポット治療って力を入れて擦ったほうがいいんですよね。

のどぬーる綿棒だと、持ち手がソフトすぎ。

力をいれるとしなってしまって擦れません。

 

keko
keko
せっかく使いやすいのに、、おしいです!

 

 

のどぬーる綿棒は咽頭捲綿子が怖くて入れにくい人に

練習用にいいかもしれないです。

いちいち脱脂綿巻かなくていいので便利だと思います。

 

まとめ

今日は口からのセルフbスポットの力の入れ方についてお話しました。

bスポット治療のカリスマ的存在、仙台の堀田修先生の治療は私の中では、過去最高に力強くて衝撃を受けました。

先生も「親の仇だと思って強く擦る!!」と教えてくださいました。

 

私は診てもらったことはないのですが、大阪の田中先生のbスポット治療はとにかく広範囲を力強く擦ってくれるとのこと。

とても効果があると聞きます。

中途半端に軽く擦りつけるよりも

患部を力強く擦ることに意味があるんだろうな。。。って実感しています。

 

では、また~。

 

bスポット回数・頻度・どのくらいでよくなったのか?慢性上咽頭炎・後鼻漏kekoです。 bスポット治療に通い始めると bスポット治療って何回通えばよくなるの? どのくらいの頻度で通えばいいの...